2015年01月31日

脳トレ体操 (角川oneテーマ21) [Kindle版]

71qozWJw6iL._SL1500_.jpg

脳自体の 訓練は
当然必要だと 思いますが

全身を動かすことによって
脳にも いい影響がでるものです

血液が よく流れることが 健康の秘訣です

内容紹介
脳も身体の一部、その活性化には全身の血行をよくすることが大事です。家庭でもオフィスでも、簡単にできる「脳力アップ」の運動方法を紹介します。指導歴三十年以上の経験が凝縮された、脳トレーニングの新定番。



購入者の声
本書を読み、私は即座に実践しました。まず帯に図解してあるこの脳トレ体操、これは肩甲骨に利く体操です。
本書の中では1日3回と書いてありますが、私はできるだけ毎日多く行うようにしました。
その結果肩甲骨の筋肉がほぐれることは勿論、腕や身体の前部の大胸筋などもほぐれました。(3週間継続)
また本書第一章に書いてあるその他の体操も実践し続けています。指の体操とそれらをほぐす(手、足共に)
その結果身体全体が柔軟になってきています。特に筋肉がほぐれた印象が顕著です。
とにかくこれを日常生活に取り込むことが大事なので「読む本」というよりも「実践する本」です。
私は日常の関間時間もこの体操を取り入れています。
信号や電車の待ち時間もこれらの体操を行います。下手にスマホを覗くよりもよほど有意義に時間を使えます。
とにかくコスパの高い本です。
これで肩、腰、眼の疲れ、コリを解消できるかと考えると即みなさんに実践していただきたい!
第二章以下は解説中心なので第一章だけ読み、ひたすら実践するだけでも効果的です。



ラベル:
posted by そろもん at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。